診療内容 ~めまいの病気~

メニエール病

繰り返すめまい発作、難聴、耳鳴りを特徴とする疾患です。ストレスなどが契機になり、内耳の中の内リンパという組織がむくんだ状態になり発症します。治療としてはむくみをとる薬剤、ストレスを緩和させる薬剤などを使用します。しかし薬剤治療に反応しない重症のめまいの場合は手術が必要になる場合もあります。

良性発作性頭位めまい症

頭を急に動かしたときなどに引き起こされる回転性めまいを特徴とします。めまいは10秒前後から数十秒以内に落ち着きますが、再び頭を動かすと繰り返し引き起こされます。前庭にある耳石器から石が剥がれ落ち、三半規管に迷入することにより引き起こされるめまいです。ひどいめまいは時間の経過に伴い耳石が攪拌されて吸収されることにより数日から数週間で改善します。症状がひどいときは理学療法的に半規管内にある耳石を移動させる方法をとる場合もあります(Epley法など)。まためまいは通常安静にしたほうが良いのですが、このめまいの場合は安静にしすぎるとかえって病状が長引くことがあります。逆に普段からめまい体操などを積極的におこなうことにより症状の再発を防ぐことが可能です。

前庭神経炎

風邪などのウイルス感染が原因で前庭神経が炎症を起こす疾患です。激しい回転性のめまいを特徴としますが、通常は難聴を伴いません。めまいは2~3週間で自然治癒しますが、症状がひどいときは入院治療が必要となります。

椎骨脳底動脈循環不全

加齢や動脈硬化などにより椎骨動脈や脳底動脈の血流不全を起こす疾患です。これにより内耳や小脳を中心とした体のバランスを司る器官の機能不全を生じ、めまいを引き起こします。診断にはMRI検査などが有用です。

心因性めまい

検査では特に異常所見を認めないにも関わらず、強いストレスや不安などによりめまいを生じることがあります。心療内科などと協力して治療に当たります。

診療内容に戻る