診療内容 ~ご高齢者に多い病気~

ご高齢者に多い病気

「年齢のせい」と思いこまずに、まずはご相談ください。
加齢に伴う症状も確かにありますが、治療によって改善する病気のことも多いですので自己判断せずに耳鼻咽喉科を受診してください。

めまい

加齢に伴い三半規管や小脳の働きが悪くなったり、動脈硬化により内耳や脳幹部への血流が悪くなることなどによりめまいはご高齢者によく見られる疾患です。まず診察を受けられ、ご自分がどのタイプのめまいなのかを判断してもらうのが良いでしょう。めまいの治療としては、内服や点滴以外にも理学療法やめまい体操などもあります。
加齢に伴うめまいは長引きやすく、また繰り返しやすくなりますが、うまくめまいと付き合うことにより生活の質を上げていくことが大切です。

難聴、耳鳴り

加齢に伴い鼓膜の柔軟性が失われたり、聴覚神経の機能が衰えることにより徐々に難聴が進んできます。いわゆる加齢性難聴は現状では薬で改善することがなかなか難しい状況なのですが、難聴が進行することにより周囲とのコミュニケーションがうまく取れなかったり、外界からの刺激が減少することにより認知症の発症リスクを高めることにもなります。聴力が落ちていると自覚された場合は早めに耳鼻科を受診されて、必要に応じて補聴器作成を考慮されたほうが良いでしょう。また難聴の進行に伴い耳鳴りも出現しやすくなります。耳鳴りの特効薬的なものはないのですが、補聴器などで聴力を補うことにより耳鳴りをある程度軽減させることは可能です。

味覚障害

加齢とともに唾液が減少して舌が乾燥しやすくなります。舌が乾燥すると舌の表面にある味覚を感じる細胞(味蕾といいます)が障害されて、味覚が鈍くなります。また十分な栄養が摂取できておらず、亜鉛やビタミンが不足した場合も味覚障害の原因となります。治療としては口の中が乾燥しないように人工唾液や保湿剤を使用したり、唾液量を増加させる内服薬を使用したりします。また亜鉛やビタミンが不足している場合で食事からの十分な摂取が期待できない場合は亜鉛の入った薬剤で補う場合もあります。

嗄声

のどの声帯というところが振動することによって声は作り出されますが加齢とともに声帯の張りやうるおいが失われ、かすれ声になったり高い声が出しにくくなったりします。また喫煙者の場合は喉頭がんのリスクも高くなるため、のどに異常を感じた場合は内視鏡検査をお勧めします。

誤嚥

のどの知覚が鈍くなったり、呑み込みの筋肉の働きが衰えることによって食事が食道にスムースに入らず、気管に誤って入ってしまうことが加齢とともに起きやすくなります。誤嚥がひどいと肺炎を引き起こし、命に係わる場合もあります。防止策としては普段から舌の運動や呑み込みの訓練(嚥下体操など、参照http://emec.co.jp/swallow/12.html)をしたり、食事の形態を変えたり(どろどろの粘性の高い食事のほうが誤嚥しにくい)することによりかなり防ぐことが可能になります。それでも誤嚥により肺炎を繰り返す場合は、誤嚥防止手術が必要になる場合があります。

診療内容に戻る