診療内容 ~口腔の病気~

アフタ性口内炎

口腔内に数㎜~1㎝程度の疼痛を伴う小潰瘍を生じる疾患です。原因はストレス、風邪などのウイルス感染、義歯の刺激、ビタミン、ミネラルの欠乏など様々です。通常は治療により1~2週間で完治します。

口腔カンジダ症

口腔内にカンジダと呼ばれる真菌が感染を起こす疾患です。口腔内に落屑を伴う白色病変を生じます。原因としては口腔内の乾燥、抗生物質の長期投与、免疫不全など様々です。乳幼児で生じた場合は鵞口瘡と呼ばれることもあります。治療としては口腔内の清掃、抗真菌薬の投与となります。

ヘルペス性歯肉口内炎

ヘルペスウイルスの初感染により口腔内に疼痛を伴った、水疱及び小潰瘍が多発する疾患です。乳幼児に比較的多く認められますが、大人の方でも生じることがあります。

シェーグレン症候群

唾液腺や涙腺に対する自己抗体(自分の細胞を攻撃する抗体)が生じることによって起きる膠原病です。これらの器官が自己抗体によって攻撃を受けることにより、唾液量の減少、涙液の減少をもたらしドライマウス、ドライアイなどの症状が出現します。根治療法はないですが人工唾液や人工涙液を使用したり、唾液の生成を促進させる内服薬を使用したりすることでかなり症状は緩和されます。

舌癌

喫煙、飲酒、口腔内の不衛生などが引き金になり舌に発症した癌です。主な症状は舌のしこり、疼痛、出血などです。治療としては初期の場合は放射線照射や舌の部分切除で完治できますが、病状が進行すると舌の亜全摘や全摘術が必要となります。

舌痛症

検査にて特別な異常を認めないにもかかわらず、強い舌の痛みを生じる疾患です。自律神経のバランスが崩れることによって起こるといわれています。まず口腔内を清潔に保ち舌が乾燥しないように治療を行いますが、痛みが強い場合は、抗うつ剤、抗不安剤などが有効な場合もあります。

唾石

唾石 唾液腺の中で作られる唾液は導管を通って口腔内に分泌されますが、その途中で唾液の中に含まれるカルシウムなどの成分が固まり結石となってしまう疾患です。症状としては顎下部や耳下部の腫脹、疼痛が主なものになります。治療としては口腔内を切開して、唾石を摘出しますが、口腔内からの摘出が困難な場合は全身麻酔下での手術が必要となる場合があります。

耳下腺腫瘍

耳の下にある耳下腺内にできる腫瘍です。頻度的には多形腺腫、ワルチン腫瘍と呼ばれる良性腫瘍が多いですが、悪性化する場合もあります。治療としては手術が基本になります。耳下腺内には顔面神経が走行しているため、繊細な手術が必要となります。

顎下腺腫瘍

顎下部にある顎下腺内にできる腫瘍です。こちらも良性腫瘍が頻度的には多いですが悪性化する場合もあります。治療は手術が基本になります。

睡眠時無呼吸症候群

睡眠時に呼吸停止をきたす疾患です。1時間あたりで10秒以上の呼吸停止が5回以上認められる場合この疾患に該当します。多くは肥満などによる脂肪沈着で気道が狭くなったり、舌根部が沈下して気道を閉塞することにより無呼吸を生じます。中等症以上の睡眠時無呼吸に対してはCPAP療法の適応となります。

診療内容に戻る