診療内容 ~鼻の病気~

副鼻腔炎

鼻腔に隣接している副鼻腔が感染などにより炎症を起こした状態です。副鼻腔内に膿汁が貯留した状態が慢性化すると、俗に蓄膿症という言い方をします。大人に比較して、乳幼児は鼻腔と副鼻腔の通路が広く、また免疫力も発達していないため、風邪などの感染をきっかけに副鼻腔炎をよく起こします。風邪の後、膿性の鼻汁(いわゆる青っ洟)が長引くときは可能性が高いでしょう。

治療

治療としては副鼻腔に貯留した膿汁を吸引して、ネブライザー(抗生剤などの入った吸入)を施行します。また症状に応じ抗生剤、粘液溶解剤、消炎酵素剤などの投与を行います。
また症状が慢性化しているときは、マクロライド療法といってマクロライド系抗生剤を通常の1/2~1/3の量で1~3ヶ月投与する場合もあります。また鼻茸を伴っている場合、難治性の場合は内視鏡手術を行う場合もあります。全身麻酔による手術などが必要な場合は適切な関連病院にご紹介します。

好酸球性副鼻腔炎

通常の副鼻腔炎が細菌感染などを契機に発症するのに対してアレルギーにより発症する副鼻腔炎です。副鼻腔粘膜に好酸球という白血球の一種が浸潤するためこのような呼び名が使われています。
抗ロイコトリエン薬、ステロイド点鼻などにて加療しますが難治化する場合も多いです。

アレルギー性鼻炎

ハウスダスト、ダニ、花粉などの刺激により鼻粘膜が炎症を起こし、くしゃみ、鼻汁、鼻閉などの症状を起こす疾患です。春のスギ花粉が代表ですが、ヒノキ、カモガヤ、ブタクサなどによる花粉症もあります。またハウスダスト、ダニ、カビなどのアレルギーの場合一年を通して症状がでる可能性があります。原因がはっきりしない場合は採血にてアレルギーの原因の特定を行うことをお勧めします。

治療

基本的な治療は抗アレルギー剤の内服、点鼻などです。最近は眠気が少なく、効果も高い薬が開発されています。また平静26年10月よりスギ花粉に対する舌下免疫療法が保険適応となりました。通常3年程度の治療が必要になりますが、スギ花粉症の根治が見込めます。また薬物治療が無効な方などには鼻粘膜レーザー焼灼術、鼻粘膜下ラジオ波凝固術などの手術を施行します。

血管運動性鼻炎

鼻粘膜に分布している交感神経と副交感神経のバランスが崩れることにより起こる鼻炎です。加齢、ストレスなどが契機になって発症します。寒暖差、温かい食事を摂取すると症状が悪化します。

鼻中隔湾曲症

左右の鼻腔を隔てる軟骨を鼻中隔といいますが、この鼻中隔が成長の過程や外傷などにより曲がってしまうことがあります。これにより鼻腔内の気流の乱れを生じて鼻閉の原因となります。軽度の彎曲の場合は点鼻薬の使用や、鼻粘膜を収縮させる処置により緩和しますが、高度の彎曲の場合は手術が必要となります。

治療

治療としては副鼻腔に貯留した膿汁を吸引して、ネブライザー(抗生剤などの入った吸入)を施行します。また症状に応じ抗生剤、粘液溶解剤、消炎酵素剤などの投与を行います。
また症状が慢性化しているときは、マクロライド療法といってマクロライド系抗生剤を通常の1/2~1/3の量で1~3ヶ月投与する場合もあります。また鼻茸を伴っている場合、難治性の場合は内視鏡手術を行う場合もあります。全身麻酔による手術などが必要な場合は適切な関連病院にご紹介します。

診療内容に戻る