診療内容 ~耳の病気~

中耳炎

中耳炎とは耳の中耳腔粘膜が炎症を起こす疾患ですが、一口に中耳炎といってもいろいろなタイプの中耳炎があります。

正常の鼓膜

急性中耳炎

中耳の粘膜が耳管経由などにより細菌感染を起こし発症します。風邪や水泳などを契機に発症する場合が多いです。お子様の場合、耳管が大人に比較して短く、水平に近いため3歳頃までは繰り返し罹患する場合があります。通常は抗生剤の投与などにより改善しますが、痛みが強く高熱を伴う場合は鼓膜切開術を行い、貯留した膿を除去します。また鼻の状態が悪いと中耳炎を繰り返したり遷延化するため鼻の治療もあわせて行います。

慢性中耳炎

急性の中耳炎を繰り返すことなどにより、炎症が慢性化した状態です。鼓膜穿孔を起こすことも多く難治性の場合は、手術が必要となります。この場合は鼓膜穿孔の閉鎖や、耳小骨の再建を合わせて行う場合もあります。

滲出性中耳炎

中耳腔に滲出液が貯留するタイプの中耳炎です。通常痛みはありませんが、難聴、耳閉感などが出現します。耳管の働きが悪いと起こりやすく、乳幼児、ご年配の方に発症しやすいです。

治療としては耳管通気、鼻処置などを行いつつ粘液溶解剤、抗アレルギー剤、抗生剤などの投与を行います。長引く場合も多く、3ヶ月を超えて改善しない場合は鼓膜チューブ留置術などの適応となります。

好酸球性中耳炎

最近増加しているタイプの中耳炎です。中耳粘膜がアレルギー反応を起こし、中耳腔に粘稠なニカワ状の液が貯留します。喘息をお持ちの方に発症しやすく、中耳粘膜に好酸球という白血球の一種が浸潤するためこの様に呼ばれます。鼓膜チューブを留置したり、抗アレルギー剤、ステロイド剤などを使用しますが難治化する場合も多い疾患です。

真珠腫性中耳炎

中耳腔に真珠様の腫瘤ができる中耳炎です。先天性の場合と、耳管の機能不全により引き起こされる後天性の場合があります。周りの骨を破壊して増大するため、厄介なタイプの中耳炎です。主な症状は難聴、耳漏などですが、病変が内耳に波及するとめまいが出現する場合があります。また耳内を走行する顔面神経に病変が波及すると顔面神経麻痺を引き起こすこともあります。治療は手術により病変の除去が必要となります。

癒着性中耳炎

耳管の機能が悪いため中耳腔が陰圧となり鼓室の粘膜に鼓膜が癒着してしまう疾患です。癒着を予防するため耳管通気などの処置を行いますが、症状が進行すると手術が必要となります。

突発性難聴

突然どちらかの耳が急に聞こえなくなる疾患です。ストレス、ウイルス感染、内耳の血流障害などにより蝸牛という場所の聴覚を司る細胞が障害を受けることにより引き起こされます。治療はステロイド剤、血流改善剤、血管拡張剤などを使用します。難聴が高度の場合は入院治療が必要となります。また治療が遅れた場合は難聴が残存する場合も多いので早めに治療を受けられることをお勧めします。

低音障害型急性感音難聴

最近増加している疾患です。ストレスや不眠などが契機になり引き起こされやすく突然の難聴、耳閉感で発症するため、突発性難聴と診断されることもあります。聴力検査にて125~250Hzの低音域に限局した難聴を認めることが特徴です。治療としては血流改善剤や内リンパというところのむくみをとる薬剤の投与を行いますが、症状が高度の場合はステロイド剤を使用します。治療により9割は改善しますが、再発しやすく10%程度の方はメニエール病に移行します。

耳管開放症

これも最近増加している疾患です。耳管とは中耳と鼻咽腔(鼻の最後部)を連絡する管です。女性の方に多く急激なダイエット、ストレス、ホルモンバランスの異常などにより耳管が常に開きっぱなしになってしまう疾患です。症状としては耳閉感、自分の声が響く、自分の呼吸音が聞こえるなどですが、頭を下げたり、横になると耳管が圧迫されることにより症状が緩和されるのが特徴です。特効薬はありませんが、生理食塩水の点鼻、血流改善剤、漢方薬などにて効果が認められる場合があります。また症状が強い場合は、耳管内にスポンジ状の詰め物をしたり、耳管ピンと呼ばれるものを挿入する方法もあります。

前庭水管拡大症

先天的な内耳奇形の一種で徐々に進行する高度難聴、めまいを特徴とします。CTやMRIの発達により診断されることが多くなった疾患です。補聴器でも音を聞くことが困難な場合は人工内耳の適応となります。

耳硬化症

音を伝える耳小骨の中でアブミ骨という人体の中での最小の骨があるのですが、この骨の底部が卵円窓という内耳の入り口に固着することにより、うまく音の振動が伝わらなくなることにより起こる病気です。作曲家ベートーベンはこの疾患だったといわれています。現在では手術によりある程度聴力を取り戻すことが可能となりました。

診療内容に戻る